就活に行き詰まったら…。おススメしたい5つの方法

就職活動をしていると良い流れになるときもあれば悪い流れになるときもあるものです。
例えば、今までは書類審査が通っていたのに急に通らなくなったり、
どうしても個人面接が通過できないことが続く、など、
悪い流れが続いてしまうことも起こり得るのです。
そんな手も足も出ないようなつらい状況に陥ってしまったとき、
どうしたらいいのかおススメの方法5つをご紹介いたします。

冷静な自己分析をする。

箇条書きにする。

何が悪かったのか、どんなことが失敗につながったかを箇条書きにします。
例えば、志望動機が絞り切れていなかった、面接で緊張しすぎて冷静さを失った、などです。
また、うまくいっていたのに、なぜか悪い流れになってしまった、という場合もあると思います。
その場合も同じように書き出してみましょう。
書き出したうえで、改善点がわかるものは改善点を書き出します。
文字や文章にすることによって一つ一つが冷静に分析でき、次はうまくいくことが多いです。

誰かに相談する。

自分の状況を第三者の目線で冷静に分析してもらうことです。
周囲の就活をしている人であれば、共感を得ることにもなりますし、お互いに情報を交換することにもつながります。
大学などの就職課などからの情報も侮れません。
卒業生で自分が希望している会社に就職した人がいた場合などは、そういった情報は
その後の就職活動でとても役に立ちます。

しっかりとした休息をとる。

丸一日、睡眠をとる。

「疲れたら寝る」という基本に立ち返ってみましょう。
一日寝ると体がだるくなってしまうかもしれませんので、なるべく就活のことは考えずにぼーっとしましょう。
寝すぎるあまり、就活の夢を見てしまうなんてこともあるかもしれませんので、
調整しながら休みましょう。

読書をする。

できるだけフィクションで現実世界から離れた世界観の本を読みましょう。
漫画やネットで読めるものでも構いません。
別の世界に没頭することで就活のことを完全に忘れてしまいましょう。
自己啓発本や、同じ年頃の登場人物の出てくる本などを読むと、
つい、現実の就活にリンクして帰って焦ってしまうので、
ファンタジー小説などの今の自分とは全く違う世界の本をおススメします。

美味しいものを食べる。

甘いものを食べる。

甘いものを食べると脳から「幸せを感じる物質」が出ると言われています。
甘いものが苦手な方にはおススメできませんが、苦手でなければぜひお試しください。
ただし、食べすぎると、太ったり肌が荒れたりして面接での印象が悪くなるのでほどほどにしましょう。

自分の好きなものを食べる。

甘いものが苦手な人は好きなものを食べることでリラックスをしましょう。
コーヒーなどの嗜好品でも問題ありません。
食べるという行為で満足感を得て、一時的にでも嫌な気分を忘れましょう。
そのことで脳がリセットされて冷静になって次に進むことができます。

外出してリフレッシュをする。

公共交通機関を使った方法。

「当てのない旅」というと少しかっこいい(?)かもしれませんが、
特に行き先を決めずに遠くに出かけるのもおススメです。
例えば、電車の始発駅から終点の駅まで各駅停車に乗ってぼーっと景色を眺める、
あまり人が乗らないバスなどに当てもなく乗ってみる、など、今自分のいる環境から少し離れてみることが大切です。
一人で考える時間が多いので、ゆっくりと自分と向き合うことができるため、おススメです。

公園やレジャー施設などの広い場所へ行く。

広い公園や温泉やプールなどの広い場所で開放的な気分を味わいましょう。
就活では面接や勉強などで狭い場所にいることが多くなりがちです。
それと全く逆の環境に自分を置くことで、冷静さを取り戻します。
レジャー施設などには気の置けない友人と行くことで、緊張感のないコミュニケーションから元気を取り戻すことができるでしょう。

生活環境を一時的に変える。

旅行に行く。

就活を完全に忘れて、旅行を楽しんでください。
自分が楽しめる場所で、あまり行きそうにない場所を選ぶこともありです。
普段と全く違う環境を味わうことで、新しい自分が発見できる可能性があります。
その後の就活にも新しい道が開けるかもしれません。

ビジネスホテルに泊まる。

漫画家や小説家が行き詰まると、ホテルや旅館に缶詰めになるということを聞いたことがありませんか?
それと同じようにビジネスホテルやカプセルホテルなどに1日だけ宿泊するのも一つの方法です。
住環境を変えることで、気分が落ち着いて、また次の一歩を踏み出す力になってくれるはずです。

こうしてご紹介すると、就活から一時的に離れてみることが大切だとわかりますね。
就活に固執するあまりに、クモの糸に絡まったように動けなくなることがあるので、
例に挙げたように、一瞬就活から離れて心と体をリセットするのです。
就活で大切なのは一喜一憂しすぎず、適度に自分を甘やかしてあげることです。
そして、あくまで就活は働くためのスタート地点に立つということを忘れずに、
自分の未来のための、大切な時間にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)