大学院卒の就活!高学歴の皆さまに伝えたいこと

不景気のあおりで就職氷河期と呼ばれた時期も過ぎ去りましたが、
まだまだ新卒の就活も厳しい状況が続いています。
そんな中、特に厳しいのは大学院まで進学した場合の就活です。
どこが厳しいのか、どんなことに気をつけたらいいのか、
様々な地点を分析してお伝えしたいと思います。

大学院卒は欲しくない?会社側の意向を考える。

給与面について。

年齢によって給与の基準が決まっている会社などではよくあることです。
4年大学や短大の新卒生と同じ条件で入ってくるのであれば、
安い給与で勤め始めてほしいと思うのは当然です。
仕事ができない人間に高い給与を払いたくないのは当然の心理です。

年齢について。

特に女性の場合は気にされる場合が多いです。
それは結婚や出産など、人生のイベントが仕事にかかわることが多い為です。
せっかく入ってきてもらったのに、すぐに辞められることがあっては
会社としても特にならないという考えからです。
結婚も出産もその人のタイミングではありますが、年齢が高ければ、
結婚や出産などのタイミングも近いのではないかと考えられるのも無理はありません。
面接などでいくら「結婚後や出産後も働きたいです」と言っていても、
いざその状況になって変わってしまう、変わらざるを得ない状況に陥るというのは否めません。

学歴を持つということ。

こちらはあまりないのですが、「自分より高学歴の部下を持つと仕事がやりにくい」
という考えを持った人もいるようです。
卒業したばかりの若造に「もっとこうしたほうがいい」と進言されるのはあまり面白くない、
ましてそれが正論であったとき、その不快感は増すばかりです。
生意気を言わないように空気を読めば問題ないのかもしれませんが、
「高学歴は生意気を言う可能性がある」と思う人もいるようです。

どうやって選ぶ?就職先の選び方。

中小企業を選ぶときに起こりうること。

大学院卒や偏差値の高い有名大学卒で中小企業の面接を受けるとかなりの高確率で
「こんなにいい学歴なのになんでうちなんか受けたの?」と聞かれることです。
企業の大きさなど気にせず、その会社に魅力があるから希望しているにもかかわらず、
そのように言われることはしばしばあります。
面接などで志望動機を聞かれるときに併せて聞かれる内容の一つなので、
志望動機に他の人とは違うひとひねりが必要になってきます。

大企業、学校などへの就職。

大企業の研究所や大学や学校の講師などへの就職が手っ取り早いこともあります。
ゼミでしっかりと活動をしていれば、そういったお話をもらえることも多いです。
その場合は、自分の学んだことをしっかりと活かしたお仕事に就ける上に、
自分自身の研究も続けられることが多いです。
しかし、その反面、研究内容だけの世界に生き続けることになります。
人によってはいわゆる「社会の荒波にもまれたほうがいい」という考え方もあります。
その両側面を冷静に見て判断してもらいたい進路です。

なかなか内定がもらえない!そんな時は…?

思い切って方向転換をしてみる。

例えば企業就職を希望している場合は、職種を変えてみることはもちろんですが、
公務員試験や教員採用試験に方向転換することを検討することも大事です。
面接などだけでは判断できかねますが、どんなに自分がやりたいと思っていても、
適性が高くないとどの企業からも判断されて、内定が決まっていない可能性もあります。
適性はないがイチから育てたいといった親切な企業に会えるまで就活を続ける選択もあります。
しかし、時間は限られています。
時には思い切った判断を下すのもまた、一つの選択ということを頭に入れておいても損はありません。

公務員試験、教員採用試験は面接なども対策が必要ですが、
筆記試験の対策のほうが大変です。
もし切り替える場合には早めに切り替えるか、時期が遅い場合は就職浪人を覚悟のうえで切り替えが大切です。
時期的には試験まで半年くらいは時間があったほうがいいです。
一朝一夕で対策できる内容ではありません。

就業形態にこだわるのをやめる。

正社員にこだわらず、契約社員やアルバイトから正社員を目指す方法もあります。
これは卒業前の12月や1月になってもまだ内定が決まっていない時などには、
この判断を下したほうが、将来的にも金銭的にも安心です。
中小企業での面接のときのように「大学院卒なのにアルバイトなんて…」と言ってくる人もいるでしょう。
しかし、そんなことを気にしてはいけません。
自分の人生です。自分がやりたいと思える、長く続けられる仕事であれば、
その勤務形態が何であっても関係ない、そのように腹を据えておくほうが、自分の為です。

 

高学歴の就活には不利になることが多いということをご紹介いたしました。
大学での就活がうまくいかないから大学院に進学すれば余裕が、
などという考えで進学してしまうと、このようなリスクもあります。
研究がしたいが、就活が不利になるからと進学をあきらめる必要もありません。
今の時代に決まった考えなどありません。
自分の進みたい道をしっかりと考えて進めば公開もありません。
視野を広く、周りの言葉に惑わされないで人生の選択を選んでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)